医師転職スーパーナビについて

医師の転職時の面接対策や履歴書の書き方、転職に非常に有効な医師転職サイトの紹介などなど詳しく解説した医師転職専門情報サイトです。転職を考える前にぜひご覧になってみてくださいね!


 

医師の転職時期

国家資格が必要ということは広く知られている医師のお仕事ですが、実際に資格を取得して働き始めた後のキャリアパスについては、あまり良く知られていません。研修医時代にお世話になった職場でずっと働き続ける医師はもちろんいますが、スキルアップやキャリアアップのために転職する医師も多く、平均すると生涯で3回〜4回位の転職をする人が多いようです。

 

転職を考える時期は、医局を辞めるタイミングが最も多くなります。例えば、研修医として後期研修を終えて医学博士の資格を取得した時や、5年以上の研修医期間を経て専門医の資格を取得した時などには、そのタイミングで別の職場へ転職する人が多いようです。医局は必ず辞めなければいけないというものではありませんが、資格の取得というタイミングに合わせて医局を辞めて転職するというのが、医師の転職時期のタイミングなのかもしれませんね。

 

医師の転職に強い「医師転職ドットコム」はこちら



 

医師の転職に多い時期

医師が転職先を探す際には、できるだけたくさんの求人募集が出されている時期を狙ったほうが、好条件の仕事が見つかりやすくなります。求人募集が少ない時期でも、条件や待遇が良い求人を見つけることは可能ですが、できるだけ複数の選択肢の中から自分の希望や条件に合わせて仕事選びをしたほうが、満足度の高い転職先が見つかるのではないでしょうか。

 

医師の転職では、3月と10月が比較的転職者が多く出る季節となっています。その中でも特に多いのは3月で、学校や会社などは新年度が4月からスタートするので、その時期に合わせて転職したいという人が多いためと考えることができますね。この時期に転職をする人たちは、勤務している職場へ転職活動をしている旨を1月から2月ぐらいに告げることが多いのですが、必ずしもこの時期に退職することを告げなければ3月転職ができないというわけではありません。多くの医師は、働きながら転職サイトなどを使って効率的な仕事探しをしていて、一度仕事を辞めてから転職活動をするという人はほとんどいませんね。

 

医師の転職は、どんな診療科目でも、またどんなスキルレベルでも、できるだけ時間には余裕を持った転職活動が必要となります。一つの求人募集に対して複数が応募することは珍しくありませんし、どんなにスキルレベルが高くても、不採用になってしまうということはもちろんあります。これは、医師以外のお仕事でも同じことですね。そのため、仮に不採用になったとしても落ち込まず、気を取り直して次の面接先に挑戦することが、医師の転職を成功させるコツと言えるでしょう。

 

転職活動を始める時期ですが、面接や手続きなどで1ヶ月から2か月程度はかかることを見越し、もし3月に転職したい場合には1月ぐらいから転職活動を始めることが必要です。このぐらいから求人募集の数が増えてくるので、選択肢は多くなる傾向にありますよ。また、転職サイトなどを上手く活用して、効率的な仕事探しをする事も大切なポイントとなります。

 

20万人以上の医師が登録するエムスリーグループの医師転職支援サイトはこちら



Copyright (C) 2017 医師転職スーパーナビ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます