医師が転職をする際には、ほかのお仕事と同じように求人募集を探して気にったものを見つけ、応募してから面接を受けての採用という流れになります。これまでどんな診療科目で経験をしているのか、どんなスキルを持っているのかという点はとても大切ですが、面接での対応も採用か不採用かに大きな影響を与えるので、しっかりと面接対策をした上で臨まなければいけません。

 

医師の面接対策としては、多くの人が悩む転職理由については、面接官に好印象を与える理由をきちんと考える必要があります。医師が転職を考える理由にはいろいろなものがあり、例えば医局など職場の人間関係が嫌で仕事を変えたいという人もいれば、給料に対して不満を抱えている人や、休みに対する不満などを抱えている人もたくさんいます。しかし、マイナスの転職理由だと、残念ながら面接担当者には好印象を与えることはできないので、好印象を与えられるプラスの転職理由を考えなければいけません。例えば、転職した先ではこんなスキルを身につけたいとか、たくさんの症例を経験して実力を付けたいなど、前向きな転職理由が良いでしょう。

 

また、医師は不規則な勤務時間で働くことが多く、転職したくてもなかなか面接の日時を調節できなかったり、仕事中にはそうした連絡などの作業もできないということが少なくありません。そのため、医師の仕事探しは、1人ですべてをするのではなく、転職サイトのように仕事探しをサポートしてくれるサービスを利用する方法がオススメです。特に転職サイトの中でも医師の求人情報を専門に取り扱っているサイトなら、医師のそうした職場の事情も良く理解しているので、面接の日時も代理で交渉してくれたり、入職の日程などについても代理で全て交渉してもらうことができてとても便利です。素早く面接をしてサッと転職先を決めるなら、面接日の候補は一つではなくいくつかを転職サイトに告げておき、向こう側の都合と合わせて対応してもらえるようにすると良いでしょう。

 

医師の転職に強い「医師転職ドットコム」はこちら



医師が転職活動をする際の注意点

医師が転職活動をする際には、他の職業と同じようにまずは履歴書と職務経歴書を提出し、それに基づいて書類選考が行われます。そして、書類選考を通過した人に対して面接試験が行われるわけですが、医師の場合には面接をしても何を聞かれるのか全く分からないという人は多いですし、自分の医師としてのスキルアップ以外にどんな志望理由があるのか分からない、などの理由で、面接試験に対してほとんど準備をしない人も珍しくありません。もちろん、面接試験が上手くいかなくても、医師としてのスキルレベルが高評価なら採用される確率はありますし、それが医師の転職ではメリットの一つとなるのですが、面接に対する準備をしっかりしておくことは、採用へ近づくためのポイントですよね。うっかり失敗しないために、押さえるところはきちんと押さえたいものです。

 

まず、面接の際の服装ですが、基本はスーツです。仕事の際に白衣を着ているからと言って、面接の際に白衣で現れるのはNGです。医師の面接では、オフィスで面接試験が行われる以外に、レストランなどで食事をしながら面談という形で行われることもあります。その際には、カジュアルな服装でと指定されることがあるかもしれませんが、それでも面接ならスーツ着用が基本となります。

 

また、面接の際に聞かれる質問は、あらかじめ予測できることが多いものです。聞かれたらスムーズにこたえられるように、そして面接官に好印象を与えられる答えを準備しておきましょう。仮に、現在の職場で人間関係や医局内でのトラブルがあったとしても、ネガティブな志望動機ではなく、できるだけポジティブなものを準備しておくことが必要です。スキルアップのために転職したいとか、スキルレベルが高い職務に挑戦したいという志望動機は、とても一般的ですが、実際にこの理由で転職を希望する人は多いので、より具体的に、そして好印象を与えられるような動機を考えておくと良いでしょう。

 

20万人以上の医師が登録するエムスリーグループの医師転職支援サイトはこちら